白髪を減らす&増やさない.com | 白髪予防と改善方法のまとめ

白髪を減らす、もしくは増やさない方法ってない!?

白髪があると老けてみえるのは間違いありません。


一般的に、男性では平均34歳、女性では平均35歳から白髪が出始めるといわれていますが、こんなデータはどうでもよくて20代でも白髪が多い人もいれば、40代でも1本も生えてない人もいます。それだけ個人差があるものなので、他人の白髪がどうなのか?というのは気にしたところで仕方ないものです。


問題は、今ある白髪がどうやったら減らせるか?ということとこれ以上増やさないためにはどうしたらいいか?ということだと思います。いつまでも黒くボリュームのある髪を保つことは女性だけでなく、男性にとっても重要なことだと思います。


当サイトでは、そんな白髪に悩むようになってきた方向けに、どうすれば白髪を予防できるか、そして白髪を減らすためにいいといわれている方法をリサーチしてまとめてあります。今後もどんどんいい情報が入れば更新していきたいと思っています。

白髪は生えてきたら最後、あきらめるしかない!?

白髪の研究は、育毛などに比べるとまったくここ数年で進歩してないそうです。それこそ育毛にかんしてはここ最近は、AGA治療というような治療法がでてきて、男性の薄毛に改善の糸口がでてきていますが、白髪にかんしてはさっぱりですよね。


白髪の研究がすすまない理由は研究してもお金にならないからだそうです。薄毛ほど深刻な悩みではないし、染めれば一応、見た目には白髪を隠せるし、そもそも髪の病気ではないということもあって、白髪予防や白髪改善の研究をしている研究者は世界的にも少ないそうです。


そのため白髪染めトリートメント のような新しい白髪染めは発売されますが、根本的に白髪を予防したり、改善したりという方法はでてこないわけです。今現在、白髪は「遺伝だからと仕方ない」「老化現象だから仕方ない」「一度白髪になったらもう黒髪は生えてこない」というネガティブものがいわゆる常識になってしまっています。


これは非常に残念なことだと思います。


ただ、希望は捨てる必要はありません。白髪の発生メカニズムについて研究している研究者や企業は少ないですがありますし、偶然の産物かそれとも当然の結果なのかはわかりませんが、あることをしたことで「白髪が減った!とか「白髪がなくなった!」という体験談をネットを通じて私たちも知ることができるようになっています。


科学的に根拠があるわけではなく、あくまで個人の体験という域が出ないものも多いですが、白髪を改善できるのでは?いう方法がいくつかあるのも事実です。「やらずに悔やむよりやって悔やむ」という言葉がありますが、そうした民間療法を利用して白髪に立ち向かっていくということができないことはないんです。


「白髪は老化現象だから仕方ない」とあきらめる前にやれることはたくさんあります。